スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無題

おはようございます。



尾日巣です。



結果からいいますね。








ダメでした。





一生懸命、でも、ダメでした。





仕方のないことです。8:2くらいでこうなると、わかっていました。





わかっていたというか、覚悟は決めていました。






しかし、頭の中で考えているのと現実は、大きく異なるんだな。と気づかされました。





21にもなって、初めてだったんですよね。




あ、告白は、中3のときに1回だけありましたけど、あのときは今より幼かったせいか、





「伝えるだけで十分」




でした。伝えて満足。おわり。







けど今は違います。もっと一緒にいたいし、守りたいと思っていました。











相手は、サークルの後輩の1年生。よくある話ですね。





新入生歓迎会から、親しかったわけではありません。彼女は人見知りな性格なのか、あまり目立たない存在でした。




私は、4月~8月まで、全然気にとめていませんでした。ただ、1年生の間で人気があるという噂だけは聞いていました。






8月終わりの、京都のコンサートの時、初めてしゃべりました。






案外、人懐っこい子でした。






それ以来、練習のときにちょいちょい話すようになりました。別にそのときは好きではなりませんでした。





ただ、ノリが良いいじりやすい後輩だったので、絡んだりしていたのです。





ただ、9月後半くらい?接しているうちにだんだん気持ちに変化が現れたような気がしました。





明確な出来事は特になかったです。





じょじょに変化していきました。






さっきも書いたとおり、あとあとのことまで考えて好きになったのは人生初めてでした。






中3のあれをいれても、5年半ぶりのこの気持ち。





日常生活に支障をきたすレベルだったので、はやいけどこの時期にしました。






キャンパスがことなるので、わざわざ彼女のキャンパスまで出向きました。






1~5限フルにあって、しかも車で2時間弱かかるんですけどね。





気持ちが揺らいでいるときの運転は危険ですね・・・






彼女には、「あげたいものがあるから、時間あけといて。2時間」





といってありました。物をあげるだけで2時間もかかるはずないのは猿でもわかりますけど、何も言わずにOKしてくれました。





連れて行きたいところがあったんです。






国道の抜け道になっている、高台を通る道、そこからの夜景がすごくきれいなんですよね。





まったくもって名所ではありません。まあ、言ってしまえば、穴場ですよね。






車にのっけて、その場所まで向かいました。下調べをしていなかったので、どこに車をとめていいのかわからなくなりました。なので、同じところを折り返しくるくる走っていました。






正直、駐車するのが怖かった。車を降りたら話し出さないといけないから。






20分くらいして、良い場所を見つけた。





農道1本入ったところの、雑草の空き地。まさかこんなとこに停めるなんて思ってもいませんでした。






夜景、すごい。





彼女は、畑の中をどんどん進んでいくのでびっくりしました。街灯なんてないから、まっくらです。





ときどき光る、車のあかりと、夜景だけです。






入っていい場所かわかりませんでしたが、まあどんどん進みます。





傾斜の一番上までやってきました。私たちの目の前は、わずかの木々と、街のあかり一色。





絶対、誰もこない場所です。知り合いどころか、農家のおじさんも。






1時間くらい、かかったかな・・・





寒いはずなのに、あまり感じられなかった。彼女もそのようでした。





きいたら、びっくり。彼女もまだ、1人も彼氏をつくったことがないそうです。





19歳の女の子、しかもさっきも書いたが人気がある子です。





でも、嘘をついているようには思えませんでした。彼女も、苦しんでいるようでした。暗くてもわかりました。






○○さん(尾日巣)は、親しく喋れて楽しい先輩。





と言ってくれた。まあ、それは何度もきいているから、わかるよ。でもありがとう。






辛くて、彼女の顔をみることが出来なかった。人生初めてフラれた。成功したこともない・・・





1打数1三振。





見逃し三振は、免れた。






わざわざ呼び出して、車に2人でのり、1時間もかけて気持ちを伝えた。





21年間で一番のフルスイングでの、空振り三振。






悔いはありませんといったらウソになります。





言えたこと自体は、良かったです。ここまでの運びにも悔いはありません。






ただ、どうしても僕は諦められないです。こんなに辛いものなんですね。恥ずかしながら、驚きと戸惑いをかくしきれません。











車にもどって、僕は運転席に座る前に、助手席の彼女に




「カーナビの、一番左上の・・・そう、画質ってボタン押して。で、画面消ってやつを押してくれ」




顔を見られたくありませんでした。





カーナビは真っ暗。光るのは、速度表示機だけ。






高台をくだり、最初に集まった駐車場まで戻りました。






わかれたくないという気持ちを察してくれたのか、彼女はそのあと、1時間も車内にいてくれました。





いろいろ話をして、さらに辛くなりました。もっと好きになってしまいました。






嬉しい・辛い 





あと、それに近い感情がぐるぐる私のなかを駆け回っていました。





彼女も、本気で、うーん、うーんと、考えてくれました。






23時。遅すぎますね。彼女は帰って行きました。口実のようにつかってしまった 「贈り物」 である、ケーキをあげました。





19歳の誕生日が近かったから。2歳年下の彼女は、人のことを考えられる、大人な子です。






出会えてよかった。大学・彼女の実家・私の実家。まったく縁のない3つが、なぜかつながって、出会えました。






5年半ぶりのこの想いは、なかなか消えないかもしれません。でも、現実を見なければなりません。





ふたたび、恋に落ちるのは、26歳ですかね。












その後の運転が心配でしたが、車中泊して風邪をひくわけにもいきません。





私には、サークル内での重要なポジション、学科での義務もあります。





失恋したから全部投げ出す。そんな子どもみたいなことはいってられません。





翌日の午前1時半。なんとか事故らずに帰宅しました。涙って、こんなに流れるものなんだな。






来年、二十歳の誕生日を迎えたら、またなにか、贈り物をしよう。






そして、今日の午後からある練習でも、前みたいにいじってやろう。





立ち止まっていてはいけませんよね。再出発です。定期演奏会ももうすぐ。





先輩として、しっかりリードしていかなきゃ。練習頑張って行ってきます。





読んでいただき、ありがとうございました。





またみなさんのところにも伺わせていただきます。





このブログも、いつになるかわかりませんが、また復活します。どうか仲良くしてください。












失礼します。


スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです。
何か心が温まる話でした。また26歳で頑張って下さい!

成功も失敗も良い人生経験だと思います。
別に、フラれたっていいじゃん
人生にはもっとつらい事なんて山ほどあるんだから…
それにそんなに好きなら、何故1回であきらめちゃうの?
告白したって事は、相手だって少しは気になってると思うよ
幸い同じサークルなんだから、もっとプッシュしてみては?
相手もお付き合い経験のない子だから少し慎重になってるだけの様な気も…
青春真っ只中、頑張ってね!

良い娘ですね(*´ー`*)
これからは尾日巣さん次第だと感じます。
社会人でも投げ出すダメ人間もいるのに・・・大人ですね( ´艸`)
頑張ってくださいm(__)m

僕も1週間に3回、4回ふられることがありました。

まだ、いっぱい女がいますよ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まだ21歳じゃないですか
これから先は長いです
全然大丈夫です
女はたくさんいるんで
きっとまた誰かが現れますよ
もしかしたら数年後にその子とうまいこといくかもですし

お疲れ様でした
自分も若い頃は告白が出来ず、しても断られてばっかり・・・・
10代の頃は1打数1三振><
ちゃんと付き合ったってのは無かったですね

20代になってやっとOK貰った方がいましたが長くは続きませんでした><
唯一続いたのが今の嫁さんです

今回はお相手の方に断られてしまいましたが、心境の変化もあります。
ある程度時間をおけばOKになるかもしれません

また、自分のように、他にいい方がいらっしゃるかもしれません。
まだまだこれからですよ!
沢山恋の経験をして、その度に『いい男』になっていけばいいと思います
頑張ってください

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。